還暦祝いの会の式次第 | 還暦祝い プレゼント 入門

還暦祝いの会の式次第

還暦祝いの会の式次第・運営要領について、ご紹介します。
会の形式、出席するメンバーと主役との関係により、会の内容や雰囲気も変わってくることでしょう。
ここでは、前項に引き続き、職場の同じ部署のメンバーで開くお祝いの会という設定で例を記載しています。

概要

会の流れ・式次第は以下のとおりです。

1.開宴
2.開宴の挨拶
3.乾杯
4.食事開始・お祝いの言葉・余興
5.記念品
6.花束贈呈
7.主役の挨拶
8.万歳三唱など
9.閉宴

1. 開宴

1 司会者が祝う会の開宴を告げます。
(ざわついている会場内に開宴を宣言し、着席を促しましょう。)

2 司会者:「それではこれより、○○○○さんの還暦を祝う会をはじめます。」

2. 開宴の挨拶

1 司会者 :「まずはじめに、○○本部の□□本部長より、ひとことご挨拶をいただきます。」

2 開宴の挨拶 :(スピーチの要領は、「来賓として挨拶をする場合」参照)

※ 人選は、主役の上司、または幹事の中から最年長者・上位者が望ましいでしょう。

3. 乾杯

1 司会者 :「それでは、これより乾杯の音頭を△△次長にお願いしたいと思います。皆様お手元にビールのご用意をお願いします。」

2 乾杯の音頭 :(スピーチの要領は、「乾杯の挨拶をする場合」参照)

※ 人選は、主役の上司、または出席者の中から次席にあたる立場の方などが望ましいでしょう。

4. 食事開始・お祝いの言葉・余興

乾杯の音頭とともに、出席者の皆さんがハシをとり、食事をはじめることでしょう。

また、思い思いに席をたち、あちらこちらで歓談を始めることと思います。

途中、ご本人に部下として使えた方のスピーチや余興など、会の開催時間にあわせてはさむのもよいでしょう。
(部下として使えた方のスピーチの要領は、「本人に部下として使えた方の挨拶」参照)

5. 記念品・花束贈呈

記念品の贈呈は、出席者の中で最上位の立場の方が行なうのが一般的です。

目録とあわせてお渡しすることで、より雰囲気を作ることができるでしょう。

記念品をお渡しする際に、ひと言、声をかけてもらいましょう。
「還暦おめでとう。」
「60年間お疲れ様でした。」
など

6. 花束贈呈

花束贈呈でも、贈呈役の方から手渡しをしながら主役に声をかけてもらいます。

「おめでとうございます。」
など

7. 主役の挨拶

1 司会者 :「それでは、○○さんからひと言お願いします。」

2 主役の挨拶 :(スピーチの要領は、「本人の挨拶」参照)

8. 万歳三唱

中締め :「○○さんのご健勝と今後の益々のご多幸を祈念いたしまして、万歳!万歳!万歳!」など。

9. 閉宴

司会者 :「それでは名残りはつきませんが、時間となりましたのでこのへんでお開きとさせていただきます。皆様もう一度、○○さんにお祝いの拍手をお願い致します。」など。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 還暦祝い プレゼント 入門

還暦祝い プレゼント » 還暦祝いの祝宴 » 還暦祝いの会の式次第